定番中の定番観光地です。

正式名称を鹿苑寺と言いますが、舎利殿「金閣」が金箔を貼って豪華なため、一般的に金閣寺と呼ばれています。

京都の世界遺産の文化財のひとつになっていますが、現在の金閣寺は放火により、1950年(昭和25年)に燃え、1955年(昭和30年)に再建されたものです。

完全に観光寺院化しています。観光客もひっきりなしで、行列です。休日などは、ゆっくり写真も撮れませんし、たたずむことさえ許されない感じです。まるでテーマパークです。

寺のような感じがしません。しかし、険しくないとはいえ、山の中にあり、昔は修行僧が居たんだなあとか、今は昔の感慨を覚えます。焼失する前の金閣はどんな感じだったのでしょう。もっと厳かで重厚な感じだったのではないでしょうか。

金閣寺

よく紹介される撮影スポットです。やはりなかなか見栄えがします。

 

金閣寺

ちょっと望遠してみました。きらびやかです。

 

金閣寺

近づいてみました。うーん、何かピカピカで、近代的すぎます。

金閣寺

屋根の上の鳳凰です。

金閣寺の松

陸舟の松です。舟をかたどっていて、西に向いており、西方浄土に向かうということを表しているようです。京都三松のひとつだそうです。

金閣寺

龍門の滝です。鯉が滝を上ると龍になるという故事から来ています。

金閣寺の観光案内

観光施設化していますが、大きなお寺で、観光コースから外れた色々な所を廻れば、お寺らしさを色々発見するかも知れません。

あの人混みの中をもう一度行きたいとはあまり思いません。しかし、一度は行っておかないと思う有名さです。そして、美しいです。その美しさの中から何を感じ取るか、それをまた確かめに行くのも良いかも知れません。

〒603-8361

京都市北区金閣寺町1 → 地図

TEL:075-461-0013

参拝 午前9:00〜午後5:00

参拝料あり

大人(高校生以上)400円
小・中学生 300円

宿泊は → 京都の宿