ヘブンスそのはらは阿智村の第三セクターが作った高原施設です。

山頂とはロープウェイで結ばれ、冬はスキー場ですが、星空を眺めるナイトツアーや早朝の雲海を眺めるツアーなどを積極的に展開して、通年営業しています。冬のスキー、夏の避暑、秋の紅葉シーズンなども楽しめるようになっています。

近くに昼神温泉などの温泉地も多く、名古屋から高速利用で60分ほどと、利便性が良い感じです。

では、行ってみましょうか。ロープウェイの山麓駅には駐車場が2000台分あります。スキーシーズンは遠くの駐車場(第5第6など)に駐めることになりますが、シャトルバスが出ます。シーズン以外は比較的近くの駐車場に止めることが出来ると思います。

ロープウェイ

ヘブンスそのはら

こちらがヘブンスそのはらのロープウェイの山麓駅です。

奥の建物が駅で、手前は案内所とキップ売り場、そして、お土産屋さんと食堂があります。テントは臨時のお土産屋さんです。訪れたのはスキーシーズンには早く、紅葉がほぼ終わったころです。オフシーズンと言えますが、少しは人出があり、まあまあ成功している感じですね。

さあ、ロープウェイに乗りましょうか。大人は往復2,200円で小中学生は半額です。

ヘブンスそのはら

最初に結構な急斜面を登ります。ロープウェイはかなり経路が長く、水平になったり、登ったりで、値段から言うと安い感じがしました。

 

ヘブンスそのはら

ロープウェイの中から撮っていますが、窓の所に13の文字が、、、13号車です。そこはかとない不安が、、、大丈夫でしょうか。いまさらですが。。。

ヘブンスそのはら

非常用の無線機が設置されていました。なんか古くさいんですけど、、、って、普通のトランシーバーでは。

ヘブンスそのはら

読めるでしょうか。「非常時には取り扱い説明の通りに無線機のスイッチを入れて下さい」との説明と矢印が、、、矢印の先は、、、

ヘブンスそのはら

はい、取り扱い説明が剥がれています。ありません。ど、どうしましょう。どうしたらよいんでしょうか。まずいんじゃないでしょうか。やばいです。やばすぎます。あー、私は13号車の運命に翻弄されてしまうのでしょうか。

ヘブンスそのはら

あっ、安心です。緊急ミニトイレがありました。。。。って、そう言う問題じゃない。

しかし、緊急ミニトイレって、他の同乗者が居るときにどうやって使えば良いのでしょうか。恥ずかしいです。とかなんとか、そこはかとない心配をよそに、ロープウェイは山頂駅に到着しました。ふう。

山頂です。広々としています。夏場であればここがお花畑になります。今は花が枯れていて閑散としています。

白いスロープは、スーパースライダーと言うそうで、夏季などにスライダーに乗って滑走できるようです。かなり長いので、怖そうです。

ヘブンスそのはら

 

ヘブンスそのはら

歩くのを少なくしたい方はペアリフトにどうぞ。ロープウェイとの共通券もありました。

ヘブンスそのはら

あちこちに施設が点在します。花が枯れていますが、あちらこちらに枯れた花があり、夏などはものすごく綺麗だろうなあと思われます。やはりこの季節に来る人は少ないようです。

ヘブンスそのはら

展望台方面に行くリフトです。ロープウェイとの共通券ならこちらも無料で乗れます。冬は普通にスキーのリフトになります。

展望台から足を伸ばせば、富士見台高原に行きます。バスも出ているようです。

いわなの森

さて、色々なところがありますが、展望台方面には行かず、いわなの森を散策することにしました。岩魚ですよ、岩魚。美味しそうじゃ無いですか。

ロープウェイとの共通券もありました。

綺麗な水が流れています。新緑の季節ならどんなに素晴らしいでしょうか。

ロープウェイとの共通券もありました。

森と小川を縫って遊歩道が続きます。どこを撮っても絵になります。癒されます。

ヘブンスそのはら

綺麗な池が二つほどあります。

ヘブンスそのはら

水芭蕉です。あちこちにものすごい数です。春になれば花をさかせることでしょう。水芭蕉の森という園地もありますが、このいわなの森も水芭蕉の森です。

春になれば花をさかせることでしょう。

気持ちよさそうですが、今は初冬です。しかし、いわなには迷惑な話しです。ところでいわなは?

春になれば花をさかせることでしょう。

居ました。岩魚です。たぶん、いわなの森なので、岩魚でしょう。美味しそうです。って、取っちゃ駄目です。奧の方の池にたくさん居ました。

ヘブンスそのはらには、色々な園地や散歩コースがあります。スキーだけでなく、ちょっと散策にどうでしょう。

春になれば花をさかせることでしょう。

ヘブンスそのはらの観光データ

意外に良いというのが偽らざる感想です、それは自然のなせる技かも知れません。

秋には展望台や山頂から雲海が見えやすくなります。早朝営業が行われますが、雲海率60%です。また、星空を見る、ナイトツアーも開催されますが、率直に行ってみたいと思いました。→ ナイトツアー

〒395-0304
長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
TEL 0265-44-2311 FAX 0265-44-2331 → 地図 → HP

近くの宿泊地は、→ 伊那・飯田・駒ヶ根 お奨めは昼神温泉