名古屋テレビ塔は、1954年(昭和29年)、日本で始めて完成した集約電波塔です。高さは180mあり、当時は有数の高さを誇っていました。

デジタルテレビの時代になり、テレビ塔としての役割を終え、存続が危ぶまれました。
しかし、現在では、登録有形文化財としての博物館的な価値と、高さ90mにあるスカイデッキの都市の中の展望台を背景にしたレストラン、ショッピング施設になっています。
栄の街並みを一望できる大型多目的会場として、結婚式場としても使われています。また、テレビ塔やその周辺では様々なイベントも行われています。

では、現在でもテレビ塔と言う名前(今もマルチメディア放送には活用されています)の展望塔に行ってみましょう。

名古屋テレビ塔

栄の久屋大通(100メートル塘路に1つ)の中に建っています。

名古屋テレビ塔

下から見上げるとけっこう壮大です。名古屋テレビ塔テレビ塔の建っている久屋大通の中央分離帯の公園部分です。テレビ塔の近くの池ですね。久屋大通は、中央分離帯部分が公園になっています。

栄公園

久屋大通から、栄公園を見ています。向こうの楕円形のガラス屋根は、オアシス21です。

テレビ塔は、当初から下に地下鉄も通すことも考えて作られていましたので、さすがに真下というわけではありませんが、すぐ下には地下街が迫っていて近くには、駅もあります。
賑やかな繁華街の都市公園地帯と言った場所にありますね。

テレビ塔

中には日本中の様々な塔の写真や売店やレストランもあります。

さて、エレベーターで、スカイデッキに行ってみましょう。

テレビ塔エレベータ雨上がりで水滴があり、景色がよく見えませんが、エレベーターの内部です。
回りがガラス張りのエレベーターで、上へ上へ登っていく様は快適です。高所恐怖症の方はちょっと怖いかもですね。

テレビ塔テレビ塔の展望室はこんな感じ。結構、広いですよ。

テレビ塔

眼下に久屋大通(公園)が見えます。中央分離帯部分が公園になっています。

テレビ塔

久屋大通の反対側です。

テレビ塔

テレビ塔から見た街並みです。最近では高層ビルが増えてきて絶景とも言えなくなっていますが、それでも眺めは良いですね。

テレビ塔

名古屋駅方面を見ています。雨模様なのが残念ですね。

さらにここから、外に出て、階段で屋街展望室のスカイバルコニーに行けますが、天候が悪かったので、行きませんでした。いずれ又。

名古屋テレビ塔観光案内

〒460-0003
名古屋市中区錦三丁目6-15 → 地図 → HP
TEL.052-971-8546
FAX.052-961-0561

年中無休:10:00~22:00(最終入場21:30)
展望室入場料金;大人600円
イベントや季節によって多少の違いあり、要確認。

専用駐車場はありませんが、周辺に駐車場多し。
若宮パーキングジャンボパーキングセントラルパークアネックスアートパーク東海、と提携しており、先にパーキングチケットを提示して入場料100円割引。また、駐車料金が30分無料になります。

宿泊

宿泊は、テレビ塔周辺の名古屋の宿へ。