ひらゆの森は、奥飛騨温泉郷の平湯温泉ある日帰り入浴施設です。
昔は、神岡鉱山の保養所だったのですが、地元の温泉旅館やお土産屋などの経営者の有志が買い取り、共同運営しています。全部で16もの露天風呂があり、お湯の良さもあって人気の施設です。宿泊も受け付けていますが、一般には日帰り入浴で有名です。

ひらゆの森この昔の灯台を模した目印ですぐ分かります。ここには足湯もありますね。

ひらゆの森こんな感じ。もちろん足湯は無料ですが、誰もいませんね。

ひらゆの森駐車場の一部と、玄関です。

ひらゆの森大きな木の看板がありますね。

ひらゆの森古民家を移設して利用した民芸風の調度になっています。

ひらゆの森中庭

中庭はこのように山の森の中というイメージです。実際に山の中の森なのですが。

ひらゆの森のコテージ分かりにくいでしょうか。木の陰に二階建てのコテージがあります。

内風呂

写真が悪いですが、こちらが内風呂です。昭和初期風の民芸調の趣があります。硫黄の臭いがぷんぷんする白濁したお湯です。

 

ひらゆの森の露天風呂

こちらがひらゆの森の露天風呂です。露天風呂が点在しています。

露天風呂前の写真とは逆方面から撮った写真です。

露天風呂泉質は点在しているお風呂によって微妙に違うような感じです。こちらは透明ですが、上の方には濁りが濃いお風呂があります。

露天風呂こちらのお風呂が一番濁りが濃いですね。硫黄成分がありますので、時間と共に酸化して濁ってくると思いますが、そればかりではないようです。硫黄の臭いも一番強い感じがしますので、源泉が違うのかもしれません。

露天風呂お湯の出口はやや薄い感じがしますので、やはり時間と共に濃くなるようですが、下の方の露天風呂と比べるとやはり泉源が違うようです。二種類あると言う事ですが、その違いかどうかは分かりません。
ただし、お湯の状態は毎日変わるそうです。

ひらゆの森温泉は成分が濃く、温泉の成分が結晶になっています。

 

休憩室こちらは休憩室です。この隣にもう少し大きな座敷もあります。

レストラン少し奥まったところにレストラン「もみの木」があります。

メニュー

蝋細工の料理見本の代わりに、絵が書いて貼ってありました。(各テーブルには普通のメニューがありますよ)

朴葉味噌定食飛騨牛のせ朴葉味噌定食です。朴葉味噌定食1,350円に+300円だったはずです。

その他に飛騨牛鉄板焼き、カルビ丼、ラーメンなど色々ありました。鮎の焼き魚、もしくは季節により岩魚の焼き魚もあります。

 平湯温泉 ひらゆの森案内

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1 → 地図 → HP
TEL 0578-89-3338

日帰り入浴営業時間
午前10:00~午後9:00(最終受付:午後8:30)

料金:大人500円、子供400円

泉質 硫黄-ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉
硫黄臭がする、温泉らしいお湯です。

湧出温度 65.2度

600L/分 pH6.81 加温なし、加水あり、掛け流し。

(平湯温泉に現存する源泉数は30以上で、総湧出量は毎分7500ℓ以上になります。)

宿泊 温泉浴と森林浴 ひらゆの森 奥飛騨温泉郷の宿

奥飛騨温泉郷のお奨め宿
匠の宿 深山桜庵
奥飛騨温泉郷 花ごころ万喜(ばんき)