美濃加茂市に日本昭和村と言う都市公園があります。明治村が歴史なら、昭和村は懐かしさです。

概ね昭和30年代の里山の風景を再現しています。また、入場しなくても利用できる「昭和銭湯 里山の湯」という日帰り温浴施設と、道の駅日本昭和村も併設しています。

中村玉緒さんが名誉村長として就任していて一年に一度ぐらいはイベントで訪れているようです。
昭和村は、昭和後半の生まれの方も、何となく懐かしさを覚える施設かと思います。もちろん家族全員で楽しめるファミリー施設ですし、後で言及しますが、途中レジャーにも最適です。

日本昭和村広さは80ヘクタール以上で、園内にはレストランやお土産屋さん、芝居小屋や展示見学施設の数々、色々な体験施設、桑畑、茶畑やジャブジャブ池や遊具などがあります。

たぶんファミリーでゆっくり遊んで、最後にお風呂に入ってのんびりして一日中遊べると思います。おじいちゃんやおばあちゃんを連れてくると、懐かしくて喜ばれるかも知れませんね。

日本昭和村日本昭和村こちらは日本昭和村の正門です。なぜかしめ縄が張ってありますね。

日本昭和村たぶんメインストリートかな。村内はこんな感じです。昭和初期の時代にはどこにでもあった村の風景でしょうか。

昭和の生活写真に写っている家に入ったところです。
囲炉裏があって、初期側の白黒テレビがあって、昭和30年代の高度成長が始まっていく時代の雰囲気を感じますね。

日本人形隣の部屋は日本人形だらけ。こんな家はないよ、って、展示のつもりなのでしょう。

かいこの団扇生きているかいこが団扇を作っています。へえ~、止まらせておけば、勝手に、絹の団扇が出来上がっていくのですね。

テーマパークなのか、資料展示施設なのか、啓蒙施設なのか、ちょっと分からない感じもしますが、とにかく昭和チックなものは、何でも詰め込んでおこうと言う事なのでしょう。
ごった煮感が強いのですが、考えてみれば、同じ昭和と言っても、生まれた地域や世代、思い出、すごく広いですよね。

紙芝居紙芝居ですね。
実際に上演しているみたいですが、時間が合わないので、今日はパスします。
それにしても、黄金バットって、骸骨の英雄って、考えてみれば、すごい発想ですね。またこう言う紙芝居が受けたと言うのも、昭和時代のバイタリティなのかなと思います。
昭和時代というのは、古き良き時代と言うより、日本が大発展を遂げていった力強い時代ですからね。ですから、里山風景だけがいわゆる昭和とも言えないわけですけど。

パビリオン?こんな感じで、展示施設みたいなパビリオン?が続きます。
中には、体験施設もあります。万華鏡作り、アロマロウソク、染色、機織り、豆腐、こんにゃく作り、アイスクリーム、そば打ち、陶芸など、中にはピザやビスケット作りもありますが、これはちょっと違うのではないの。
昭和ならピザもビスケットもあったので確かに良いのですが、なんとなくイメージが、、、でも、いっか。基本、レジャー施設ですからね。

染色体験ここは確か、染色体験だったと思います。まだ始まってないですね。今日は平日なので、ちょっと閑散としています。

食の体験工房食の体験工房です。パン、ビスケット、ピザ、アイスクリームなど見たいです。手作りパンなどの販売もしています。

 

なつかし工房ここは、豆腐とこんにゃく、そば打ち体験もここにあるみたいです。

昭和村の売店あれ~、懐かしいような古い販売用冷凍庫。アイスクリームを売っています。これ、まだ動いているの? それとも古い冷凍庫に見せかけた最新機種?
ひょっとしたら、コンプレッサーだけ取り替えてあるのかも知れませんね。

昭和のお店何か、昭和チックなお店です。
ここは展示ではなく、実際に売っています。駄菓子やベーゴマやビー玉、おはじきなどの懐かしい遊具などが並べられています。

ブリキのおもちゃブリキのおもちゃですよ。
今ではプラスチックですが、昔は色々ブリキ製のおもちゃだったのですが、、、今でも、作っているのですね。
一体、どこで作っているのでしょう。こういうところ以外では売れそうにもないのですけど、しまった、質問すれば良かったですよね。

ビタミンパン創製本舗ビタミンパンとなっていましたので、売っているのかと思いきや、商店街風の展示施設でした。

展示施設なのか、売店なのか、体験施設なのか、ちょっと見は、分からない感じで、混乱しますが、見てて楽しいのでよしとしましょうか。

中村玉緒さん?脈絡もなく、古い茶の間風景と、中村玉緒さんの人型看板です。
なんとなく、この無秩序なここのコンセプトが分かってきました。ここって、正式名称は、平成記念公園 日本昭和村なのですよね。平成なのか、昭和なのかも含めて、そんなこと、どうでも良い感じかもしれません。ね?

まあ、昭和でお茶を濁して、老若男女、ファミリーで楽しんで貰おうと言う事なのでしょうか。

里山バス切符売り場里山バスの切符売り場です。こう言った施設に良くある園内巡回バスです。
分かりました。古い昭和のボンネットバスでしょう。ね?
そうですよね、やっぱり、なんと言っても、あくまで昭和のテーマパークですから。

里山バス?がーん、遊園地風の汽車ぽっぽ。

ここのコンセプトを忘れていました。バスはバスなのですが、もはやバスですらありません。でも、名称は里山バス、、、ちょっとめまいが、、、昭和30年代の里山、、、
そうそう、お子様は、喜びますからね。まあ、遊園地感覚で、良いのですよね?昭和パビリオン昭和パビリオン、やまびこ学校です。純然たる昭和展示って感じですね。車椅子用のエレベーターは完備しています。

昭和パビリオンちょっとゴチャゴチャですが、昭和の町工場ですね。
色々なものの説明とかはありませんが、ここは展示施設でなく、イメージを見せるってことですよね。

お茶の間お茶の間が多いですね。
昭和のイメージって、多くの人はお茶の間なのでしょうか。巨人の星のちゃぶ台返しのイメージ引きずりすぎではないかと。

商店街商店街の風景ですね。

先ほども商店街みたいな街並みを模していたところがありましたが、マンネリっぽくなっていますね。
明治村みたいに実際の歴史的建造物がないと、ちょっと上滑りしやすいですよね。

すごく感じは良いのですが、なんとなく中途半端。昭和をテーマにするなら、農村里山、都市部、工場地域などのゾーンに分けて再現するか、年代を分けるか。
昭和30年代の里山って、ある程度の規模のテーマパークで掘り下げてするのは、無理があるような気がしますね。もちろん、ある程度のゾーンには分けてあるのですが、、、

昭和座芝居小屋の昭和座です。本日の演目はありませんでした。
土日祝祭日でないと、何も上演されないことがほとんどなので、注意して下さいね。

じゃぶじゃぶ池こちらは、じゃぶじゃぶ池です。楽しそうですね。プールにはない楽しさです。
夏休み期間の土日は、この池で宝探し(当たりのきらきらを見つけるとプレゼント)も行われるそうです。ただし、宝探しは参加料500円が要ります。

じゃぶじゃぶ池ラジコンボートと、名前が分かりませんが、池に浮かんでいる大きなドーム状の遊具ですね。両方有料です。

遊具アーチェリーや、人工芝のすべり台など、色々な遊具がそろっています。
このあたりは、お約束の施設ですね。

乗馬体験施設の奧には、牧場もあって、乗馬体験も出来ます。

 

やまびこ食堂こちらはレストランのやまびこ食堂です。他には、峠のそば屋やロバパンのお店や、みたらし団子や五平餅の茶屋など、いろいろありますよ。

入り口から、園外(昭和村は再入園可能)に出ることになりますが、里山の湯の食堂も食事利用のみでも可です。

里山の湯こちらが里山の湯です。日本昭和村とは、別々に利用することが出来ます。足湯は無料です。
写っている駐車場は、里山の湯の利用者専用になりますので、昭和村に入られる方は利用できませんので、注意してくださいね。

日本昭和村の観光案内

平成記念公園 日本昭和村 → HP
〒505-0003
岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1 → 地図
TEL:0574-23-0066

営業時間:9:00~17:00  (12月~2月は10:00~17:00) ただし、夏休みは夜間営業あり。

休園日 無し。ただし(12月~2月は水曜定休)

料金
大人:830円 65才以上:600円 小学生;400円

駐車場3000台 無料

見学や体験、遊び温浴施設の利用など、一日中遊んで過ごすことが出来ます。見学のみなら、1~2時間ぐらいを見て置けば良いでしょう。
体験は、陶芸などをのぞき、当日申込みでほとんどが可能です。
再入場が可能ですので、里山の湯を利用してから、又戻ると言うことも出来ます。

レジャーのついでに

美濃加茂ハイウエイオアシス(東海環状自動車道SA)から、高速道路を降りずに日本昭和村に入ることが出来ますので、どこかへお出かけのついでの途中レジャーに最適です。

その場合、案内看板のハイウェイオアシス(美濃加茂SA・日本昭和村方向)へ進み、次の分岐で、SA駐車場へは進まず、昭和村駐車場へ進みます。
上り下り両方とも昭和村によってから本線に戻れますので、どこかの観光地や温泉へ行かれるついでに、東海環状自動車道を通るルートが取れるのであれば、容易に行程に組みこむことが出来ますので、この施設は、その点での利点が非常に大きいです。
(ただし、元来た方面へ引き返す形で本線へは戻れません。上り線から入ってくれば、上り線へ戻れます。当たり前ですが、、、)

宿泊

美濃加茂、恵那、中津川近辺の宿

郡上八幡、美濃、関の宿

下呂、濁河方面の宿