海老せんべいは、えびとデンプンを原料としたせんべいです。ぱりぱりとした食感と、えびの美味しさで、米粉を原料にした普通のせんべいとはまた違った人気があります。

実はこの海老せんべいは、愛知県が全国シェアの95%を占める特産物です。これはこの地方で大量に海老せんべいに加工する工法が開発されたことによります。

さて、愛知県でも三河地方と、知多半島がえびせんの主な生産地なのですが、この知多半島にえびせんべいの里があります。

えびせんべいの里は、工場見学と、海老せんべいの直販が売り物ですが、試食が出来ることで有名です。ほぼ食べ放題ですよ。そればかりではなく、コーヒーのセルフサービスもあり、これも飲み放題と言った感じです。
知多半島へ観光の折には訪れてみたいところです。

えびせんべいの里多くの人がひっきりなしにやって来ています。すごい人気ですね。

駐車場駐車場も広く、もちろん、無料ですね。

えびせんべいの里施設内は広く、混雑しています。色々な種類のえびせんべいが山盛りです。

えびせんべいの里ほぼすべての種類の試食が出来ます。それも小さく割ってあるのではなく、大抵はほぼそのまま。
試食ケースもボタンで自動で蓋が開き、自動で閉まります。

えびせんべいの里流石に小さく割ってありますが、高いせんべいも、山盛り試食できますね。横のトングで、取り放題ですよ。

たくさんの人が自由に試食していますので、恥ずかしいと言う事もありません。食べ放題って書いて良いのか、ちょっと分かりませんが、色々な種類を試食していると、お腹がいっぱいにもなります。のども渇いてきますね。

のどが渇くと飲み物が欲しくなります。もちろん、自販機もありますが、飲み物も無料なのですよ。

えびせんべいの里こちらが休憩室です。一角にえびせんべい作りの体験コーナーと、飲み物のコーナーがあります。

コーヒーのセルフサービスブレンドとアメリカンの二種類のコーヒーがセルフサービスになっています。ミルクと砂糖はテーブルに置いてあります。

緑茶サービス緑茶やお水もサービスになっています。お水は氷も出てきます。

さて、肝心の工場見学ですが、、、

えびせんべい工場見学お休みでした。

工場見学案内工場は、こんなルートで見て下さいという表示ですね。
どうも、見学用の工場みたいです。建物を見渡すと、もっと大きな生産工場は隣にあるみたいです。

資料館資料館内はこんな感じですね。生産機械なども置いてあります。

 

さて、このえびせんべいの里は、人気の施設です。たくさんの人が試食をしていますが、お土産などに買って帰る人も多いですね。工場価格なので、普通より安いと思います。

考えてみれば、賢い商売だと思います。想像ですが、試食に回すのは、欠けたり曲がったりして製品にならないものが主体ではないでしょうか。そう言うものは訳あり品として安価で販売します。へたに販売するより、大量に試食品に回して、工場見学とセットして人を呼んでいる感じですね。

えびせんべいの里案内

〒470-2403
愛知県知多郡 美浜町北方吉田流52−1 → 地図 → HP
TEL0569-82-0248

8:00~17:00 年中無休 入場無料 駐車場無料

知多半島の観光の帰りなどに寄ってみるのに最適ですね。

知多半島の宿泊

知多の宿は、豊浜漁港からの新鮮な魚介類の美味しい食事で最高ですね。
三河湾は漁獲高は少なくとも、種類が豊富で、色々な魚介類が格安に食べられます。
知多半島の宿