四日市公害と環境未来館

四日市は四大公害病発生地です。
昭和30年代前半から石油化学コンビナートが集結し、硫黄酸化物による大気汚染をはじめとして、水質汚濁、悪臭などの公害が発生しました。
そして、四日市ぜんそくと呼ばれる集団喘息障害など、重大な健康被害を蔓延させ、大きな社会問題となりました。

これを踏まえ、「四日市公害と環境未来館」が設置されました。ざっと紹介します。

四日市公害と環境未来館は、四日市市立博物館・プラネタリウムと一緒に「そらんぽ四日市」という施設に入っています。ただし、四日市公害と環境未来館のみの利用であれば無料です。

四日市公害と環境未来館

3階 博物館常設展

四日市公害と環境未来館へは、現在、3階の博物館常設展から入って行くことになっています。博物館常設展を見て、四日市公害と環境未来館へ行くわけです。
つまり、博物館と一部共通になっています。
博物館の入場者は、4階の特別展を見て3階に降りてくる形なのでしょう。そして、そのまま、四日市公害と環境未来館の2階へ流れるという動線です。

博物館の常設展は、過去の四日市の紹介がメインです。

3階 博物館常設展

3階 博物館常設展

3階 博物館常設展

3階 博物館常設展

良く出来ていますね。

2階 四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館の2階に進むことになります。

四日市公害と環境未来館

2階部分が、四日市公害と環境未来館に割り当てられており、構成はこういう感じになっています。

四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館

戦争時から、戦後の復興と発展を描いています。
あまり必要のない感じもしますが、公害の背景を説明したいのでしょう。

四日市公害と環境未来館

公害の発生ですね。

四日市公害と環境未来館

四日市の立体地図です。
ここに投影してコンビナートの発展や工業地帯の広がりが説明がされます。
フラッシュを焚くと映像が消えてしまいますね。汗。

四日市公害と環境未来館

こんな感じです。
推移が一番分かり易かったですね。

四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館

四日市の現在と環境先進都市の未来ですね。

個人的には興味深い展示もあったのですが、大体の館内だけです。他にシアターなどもあります。
お近くに来られた時には訪れて見て下さい。

四日市公害と環境未来館の見学案内

四日市公害と環境未来館 → WEBサイト
〒510-0075
三重県四日市市安島1丁目3−16
TEL:059-354-8065
FAX:059-329-5792

開館時間:9:30~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌日) 年末年始 12/25~1/1
他に整備休館あり。WEBサイト確認の事。
入場無料 駐車場は、周囲に有料多数あり。
「※JAパーキング(安島二丁目)をご利用の方はサービス券をお渡しします。受付まで駐車券をご提示ください。」との記載がWEBにあり。

宿泊案内

他の観光と合わせて、四日市・桑名・湯の山・長島温泉の宿へ。

もしくは、津・鈴鹿・亀山の宿へ。

お奨めは、湯の山温泉です。