東尋坊

東尋坊は、断崖絶壁の奇景が続く越前加賀海岸国定公園の景勝地です。
波によって浸食された輝石安山岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が1㎞に渡って続いています。輝石安山岩の柱状節理は世界的にも珍しく、国の天然記念物になっています。

※柱状節理:岩石に五角形や六角形の柱状の割れ目が生じ、蜂の巣状の形の岩石の柱が集合したもの。

東尋坊は有名な観光地ですし、面白い地形ですので、1度は訪れることをお奨めします。

今回は、東尋坊を、海岸からと、遊覧船に乗って海からと、両方の見学をしたいと思います。
また、東尋坊への荒磯遊歩道を散策してみたいと思います。

駐車場と荒磯遊歩道

東尋坊の駐車場は二カ所、東尋坊市営駐車場と、東尋坊タワー駐車場があります。その他に民間駐車場が多数あります。何れも有料です。

しかし、1㎞ほど離れた所に無料の駐車場もあります。
「荒磯ふれあい公園」駐車場で、東尋坊へは荒磯遊歩道で結んでいます。

つまり、海岸を1㎞(15分)ぐらい散策したい、東尋坊を見たい、駐車場が無料なら、なお良いという需要を満たします。
さっと、東尋坊を見たいという方は、東尋坊の有料駐車場にお停め下さい。

荒磯ふれあい公園駐車場

こちらが荒磯ふれあい公園の駐車場です。75台分あります。
道路の反対側(カメラ側)にはトイレもありますが、その横から、荒磯遊歩道が始まっています。

荒磯遊歩道

荒磯遊歩道の入り口です。東尋坊へ続いています。「荒磯と文学のみち」と書いてある立杭もあります。
標識の裏にトイレの建物が少し見えていますね。つまり、トイレの横の道です。

荒磯遊歩道案内図です。
現在地となっているのが、入り口と脇のトイレです。現在地のPは、トイレ用の数台分の駐車場のことで、荒磯ふれあい公園駐車場ではありません。

荒磯遊歩道

よく整備された歩きやすい道です。

荒磯遊歩道

伸びた木や草の影で海が見えない場合もありますが、海岸が見えると綺麗ですよ。

荒磯遊歩道

製塩遺跡があります。古代に塩を作っていたところですね、たぶん。

荒磯遊歩道

行ってみましょう。

荒磯遊歩道

海辺近くまで降りられました。

荒磯遊歩道

どこが遺跡か分かりません。ここかな。

荒磯遊歩道

海で遊んでいる人もいますが、その辺りかも知れません。説明も標識もないですね。
もしかしたら、潮が引いたら分かるのかも知れませんが、遊歩道に帰ります。

荒磯遊歩道

ほどなく東尋坊タワーが見えてきました。

荒磯遊歩道

少しづつ東尋坊に近づいているみたいです。

荒磯遊歩道

もう東尋坊の範囲に入っている感じですね。

荒磯遊歩道

もうここって、東尋坊だと思うんですけど、と思っていると。。。

荒磯遊歩道

崖の上に人がいます。東尋坊です。

東尋坊の景観

東尋坊

東尋坊の案内図です。

東尋坊

岩が連なっています。

東尋坊

それぞれの崖の先端まで行くことが出来ます。

東尋坊

 

東尋坊

東尋坊

東尋坊観光遊覧船の乗り場です。
この東尋坊乗り場と、三国サンセットビーチ乗り場の2つあり、波の高さで決まります。
この後、遊覧船に乗りましたが、本日は三国サンセットビーチ乗り場でした。この場所なら、乗るのに簡単だったのですが、、、

東尋坊

崖の先端まで行くと怖いですよ。
ドラマの撮影などに使われますね。先端で争ったりして。

東尋坊

このぐらいが限界です。

東尋坊

ここまでで、ほんとうに限界ですよ。

東尋坊

もう無理です。まじ怖いですよ~。

東尋坊

あっ、あの子、平気ですね。
私の脇をひょこひょこ、行ってしまいましたよ。すごいなあ。尊敬しちゃいますよ。

東尋坊

こっちは、恋人同士っぽいです。
必死に崖にせまって自撮りです。かなりビビっているようですけど、楽しそうです。うらやましい。

東尋坊

反対側はこんな感じです。

東尋坊

ちょっと高台から眺めています。

東尋坊

向こうに雄島(おしま)が見えます。
橋を渡って歩いて行くことも出来ますが、後で、遊覧船で近づいて観光します。

東尋坊

おみやげ屋さん街です。閑散としていますが、時間がまだ早いからです。
私は荒磯遊歩道で横から入ってきたので、ここは通りませんでしたが、普通に来ればここを通ります。

東尋坊

こちらから、東尋坊を見るとこんな感じです。
左の白い建物が東尋坊乗り場の時の遊覧船の乗船券売り場です。波が高く、三国サンセットビーチ乗り場から出港する日は、そちらに乗船券売り場が設置されます。

東尋坊観光遊覧船

今日は波が高いと言う事で、三国サンセットビーチ乗り場から出港のようです。

車を駐めた荒磯ふれあい公園駐車場から、まだ向こうに行きます。
乗り場には駐車場がありますので、途中で車を拾って向かいます。

東尋坊観光遊覧船

ここが三国サンセットビーチ乗り場です。
乗船券売り場が、、、ワンボックスカーです。本当に臨時の乗り場みたいです。

東尋坊観光遊覧船

出港です。
ちなみにダイヤはかなりいい加減です。後5分と言われてから、かなり待ちましたよ。お客さんがバラバラとやって来るので、待っていた感じです。
運行案内を見ると、「15分~20分の待ち時間で、お1人様でも出航します」とのことです。特に時間は決まっていないようです。

東尋坊観光遊覧船

かなりスピードを上げて、東尋坊を眺めながら進んで行きます。まず雄島を目指すようです。やはり今日は波が高いようです。

雄島

東尋坊観光遊覧船(雄島)

雄島です。

雄島は神の島とも呼ばれます。大湊神社が陸と島の両方にあります。東尋坊観光遊覧船(雄島)

しかし、有数の心霊スポットとしても有名だそうです。色々な噂がささやかれているようです。

  • この雄島橋を引き返すと、霊を持ち帰ってしまう
  • 島を周回する道があるのですが、反時計回りでまわると呪われる
  • トンネル(雄島隧道)内の観音様の目が光ると事故に遭う

まあ、こんな感じですね。

もちろん、私は信じません。
はあ~、遊覧船だから大丈夫ですよね。そうですよね。信じないんですけど。。。信じませんよ。もちろん。信じないんです。

東尋坊観光遊覧船(雄島)

雄島は、高さ27m、周囲2㎞の小さな島です。

東尋坊観光遊覧船(雄島)

神社の鳥居が見えます。
大湊神社はパワースポットとも言われますので、本当は訪れて見たかったのですが、同行者が強硬に反対して。。。心霊スポットの話をしなければ、良かったような。汗。

東尋坊観光遊覧船(雄島)

岩がすごいです。東尋坊観光遊覧船(雄島)

東尋坊と同じですね。東尋坊観光遊覧船(雄島)

灯台がありますね。

ここから、東尋坊へ向かいます。

東尋坊

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

説明を色々聞きましたが、例によって忘れています。

東尋坊観光遊覧船

東尋坊の入り江の中に入ります。
東尋坊の観光船乗り場です。

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船(雄島)

さて、船着き場を出て帰ります。

東尋坊観光遊覧船

 

 

 

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

 

東尋坊観光遊覧船

東尋坊観光遊覧船

帰港です。
波が低くなったので、次の便から東尋坊乗り場に代わるそうです。あれれ。

東尋坊の観光案内

東尋坊
坂井市三国観光協会 → WEBサイト
〒913-0063
福井県坂井市三国町東尋坊
TEL:0776-82-5515
FAX:0776-82-6988

観光:24時間(夜間と雨の日はお奨めしません)

駐車場:概ね500円。周辺に多数あり。

荒磯ふれあい公園駐車場 無料(75台) → 地図
〒913-0057
福井県坂井市三国町米ケ脇3丁目1
少し遠いですが、三国町海浜自然公園駐車場も無料です。

東尋坊観光遊覧船 → WEBサイト
〒913-0064
福井県坂井市三国町安島64-1
TEL:0776-81-3808
料金:大人1500円 小学生750円。WEB確認のこと。
海の状況により、東尋坊乗り場から、三国サンセットビーチ乗り場へ乗り場が代わる場合もあります。

乗船クーポン券あり(要印刷)

宿泊案内

あわら・三国周辺の宿へ。または、福井市周辺の宿へ。

あるいは、石川県側の加賀・小松・辰口周辺の宿へ。