関宿

関宿は三重県亀山市にある、東海道五十三次の47番目にあたる宿場町で、歴史的な街並みがよく保存されています。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に設定され、日本の道百選にも選ばれています。

江戸時代、あるいは明治時代に建てられた古い町家200軒あまりが残っており、その距離1.8kmにも達します。
その中には、お休み処などの休憩施設が複数、いくつかの資料館、甘味処や和テイストなお食事処、老舗菓子舗、センス溢れるおみやげ屋さんなど、今を生きている町の息吹があります。

関宿駐車場や観光駐車場など、無料の公共駐車場も充実しています。観光駐車場は、無料でありながら、管理人(おそらくボランティアの方)が常駐し、足湯、休憩所、トレイ等の設備も整っています。

関宿

東海総五十三次図です。

関宿

現在値の所が観光駐車場です。
西追分休処施設のところが、関駐車場です。また、ほんの少し離れますが、道の駅関宿の駐車場もあります。

関宿観光駐車場

関宿の観光駐車場です。

関宿の観光駐車場の足湯

併設されている関宿の観光駐車場の足湯です。小萬の湯、無料です。

関宿の観光駐車場の足湯

小萬の湯です。関宿温泉自噴水です。「ナトリウム・カルシウム‐塩化物強塩鉱泉」で、加熱はしていますが、温泉です。

関宿の散策

関宿で見つけた物たち

卵の自販機

宿場町とは関係ないのですが、いきなり卵の自販機と出くわしました。
お茶と海藻を食べさせて、作った卵らしいです。
11個から12個が300円、19個から21個が500円で、どうも個数ではなく、重量売りみたいです。帰って来てから、買えば良かったと後悔しましたよ。

乗り合いタクシー停留所

乗り合いタクシーの停留所らしいです。あちこちにありました。
仕組みはよく分かりませんが、バス代わりと言った感じです。

関宿かるた

関宿かるた

あちらこちらの町家前に関宿かるたを書いた板がありました。これを探して行っても面白いですね。

関宿のポスト

関宿のあちこちにある、昔のポストで屋根が着いていますね。この形は日本最初のポストです。本物は木製ですが、これは金属です。

関宿のラーメンの缶詰の自販機

最後は究極です。
缶ジュースに混じって、缶ラーメンやおでんが売られている自販機です。
ラーメンも醤油、みそ、とんこつと多種、おでんも2種類。おでんはともかく、ラーメンは珍しいですね。

うだるような暑さだったので、買ってみるという考えが及びませんでした。行って、見つけてみて下さい。

関地蔵院

関地蔵院

地蔵院です。観光駐車場から、宿場に入るとすぐの所にありました。

関地蔵院

本堂、重要文化財です。

関地蔵院

鐘楼です。こちらも重要文化財です。

関地蔵院

関の地蔵、こちらも重要文化財です。

関宿を歩く

関宿

東海道の関宿です。

関宿

反対側を撮しています。大きな宿場町ですよね。さすが東海道です。

関宿

おしゃれなおみやげ屋さんです。

関宿

こちらは、水晶などの貴石の石屋さんです。


関宿

お休み処です。トイレ付きの休憩所はあちこちにあります。

関宿関宿

福蔵寺、織田信長の三男の織田信孝の菩提寺です。

関宿

関宿

郵便局です。

関宿

宿です。古民家で営業されています。素泊まり2500円~になっていますね。

関宿

伊藤本陣跡です。
大きな宿場町ですので本陣も複数ありますね。

関宿

こちらは川北本陣跡です。

関宿

百六里庭です。江戸から、106里離れているので名付けられたそうです。

関宿

百六里庭の2階建ての展望施設からの眺めです。

関宿

同じく百六里庭からの眺めです。

関宿

骨董屋さんです。

関宿

百五銀行です。

関宿

創業370年だそうです。

関宿

ここはおしゃれなお食事処ですね。水琴窟のお部屋で寛いで下さいと書いてあります。

関宿

こちらは陶器屋さんですね。関宿

ここもお休み処ですね。

関の山車会館

関宿

関の山車会館です。
大人300円ですが、3館共通入館料(関宿旅籠玉屋歴史資料館・関まちなみ資料館・関の山車会館)があり、大人500円です。

それでは見ていきましょう。ざっとだけ、紹介します。

山車の模型

関の山車会館

明かり取りの仕掛けですね。

関の山車会館

天井の物入れですね。

関の山車会館

御神輿です。古いですね。

山車です。大きいですよ。

関の山車会館

もちろん、本物ですよ。
普段はここで展示していて、お祭りの時にはここから出すそうです。

関まちなみ資料館

関まちなみ資料館

関まちなみ資料館関まちなみ資料館

関まちなみ資料館

関まちなみ資料館関まちなみ資料館

関まちなみ資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館です。旅籠屋ですね。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

時代劇などでよくある旅籠屋に着いたら旅で汚れた足を洗いますね。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

お風呂です。小さいですよ。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

 

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

ここは良い部屋です。武士とか豊かな商人とかが泊まったのでしょう。
宿舎にはランクがあって、本陣、旅籠、木賃宿ということです。旅籠に泊まれるってことはある程度、余裕がある人なんですね。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

こちらは一般の部屋ですね。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

食事の部屋ですね。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

こちらは、良い食器ですので、高級な部屋に泊まった方用でしょう。

関宿の観光案内

関宿 → WEBサイト(亀山市観光協会)
亀山市関町木崎、中町、新所
TEL:0595-97-8877(亀山市観光協会)

関宿旅籠玉屋歴史資料館
〒519-1112
関町中町444-1
TEL:0595-96-0468
FAX:0595-96-0469

関まちなみ資料館関
〒519-1112
三重県亀山市関町中町482
TEL:0595-96-2404

関の山車会館
亀山市関町中町531
TEL : 0595-96-1103

三館共通券大人500円
9時00分~16時30分
定休日月曜日

宿泊案内

津・鈴鹿・亀山周辺の宿へ。

又は、松阪の宿へ、あるいは、伊勢・二見浦周辺の宿へ。