川見さくら山

愛知県の山間部の岐阜県境に長らく小原村として親しまれた地は、今では市町村合併により、豊田市小原町となっています。
しかし、穏やかな自然は今も昔のままです。

この小原村には、和紙のふるさと館があり、紙漉き体験や美術作品鑑賞が出来ます。
しかし、もう一つ、最も見応えのある観光資源があります。それは四季桜です。

紅葉と桜の共演の四季桜

この四季桜は、春と秋に咲きますが、見応えのあるのは、秋です。

四季桜はマメザクラとエドヒガンの雑種と考えられています。
藤本玄碩と言う漢方医が江戸のころ、この珍しい桜のことを聞き及んでこの地に植栽したと言う事です。その後も保護育成され、今ではその数、約8500本になっています。

春の開花は普通の桜と同じような時期ですが、おそらく春は見劣りがすると思います。
本当に咲き誇るのは秋。
秋の開花は10月下旬~12月上旬ごろになりますが、見頃は例年11月の小原四季桜祭りのころ。

まさしくこのころ、紅葉もあり、桜と紅葉が一緒に鑑賞出来ます。
のどかな山村を彩る紅葉と桜、全山に桜が開花し、紅葉が点在するその幻想的な風景は一見の価値があります。

この紅葉と桜がよく見られるのは年にもよりますが、11月中旬~11月下旬ごろ。これをめがけて行って来ました。

川見四季桜の里

小原町には、小原ふれあい公園、市場城址、川見四季桜の里、前洞の四季桜(県指定天然記念物)など、いくつかの四季桜の鑑賞スポットがあり、四季桜祭りの期間は、それぞれ無料シャトルバスなどで結ばれています。
なお、小原ふれあい公園(小原支所周辺)が四季桜祭のメイン会場です。
小原四季桜祀り

しかし、今回は、一山の桜が見られる、川見四季桜の里へ行って来ました。ここには1200本の四季桜があります。(後日、メイン会場の小原ふれあい公園にも行きましたが、この川見四季桜の里が圧倒的に良いです。)

臨時駐車場等も点在し、少し歩くことを考慮に入れれば、土日でもどこかに駐められると思います。ただし、近年、マツケンの愛知県CMで、この紅葉と桜のコラボが紹介され、ちょっとしたブームになっていますので、時間に余裕を持って訪れることをお奨めします。

川見四季桜の里

道の両脇に駐車場があります。
10分ぐらい少し歩きますが、北部生活改善センターの所にも駐車場があり、みたらし団子、うどん程度の出店などもあります。付近には臨時トイレなどもありますが、北部生活改善センターの館内トイレがお奨めです。
設備面や出店の多さなどを重視される場合は、川見四季桜の里ではなく、小原ふれあい公園をお奨めします。ただし駐車場への行列が出来やすいです。

四季桜

小原の四季桜

全山が桜と紅葉です。観光バスも来ていますね。小原の四季桜は、徐々に全国的に有名になりつつあるようです。

小原の四季桜

あちらこちらに、桜と紅葉があります。
なんとも不思議な地に迷い込んだものです、と言う感覚。
桜紅葉(さくらもみじ)と言う言葉があります。桜の葉が紅葉することを意味する美しい言葉ですが、この言葉は、桜の花と、この紅葉の乱舞を表すことが最も相応しいと言う感じもします。

川見の駐車場

駐車場の端の脇にも普通に桜が咲いています。そして、紅葉もありますね。

四季桜確かに桜です。

桜と紅葉を圧倒的感覚で同時に見ることが出来るのは、おそらくここだけでは無いでしょうか。
さて、この山には向かわず、道の反対側の川辺に行ってみました。小原の桜

山間も桜と紅葉です。

清流と桜と紅葉

綺麗な水が流れていました。そして、桜と紅葉。

清流と桜と紅葉

先ほどの山と比べると、少しばかり桜は少なめですが、この渓流沿いの散策も素晴らしいですよね。

四季桜と紅葉

美しい紅葉の赤の向こうに薄いピンクの桜の花の構図。こちらは、桜が紅葉を引き立てていますね。

川見さくら山

川見さくら山

再度訪れましたので、目の前のさくら山に登ってみます。

川見さくら山

軽いハイキングですね。

川見さくら山

少しはこのような階段もあります。

川見さくら山

野山って感じです。いわゆる里山ですね。
川見さくら山

びっくりです。あまり熊が出来るような地域ではありませんが、注意書きがありました。

川見さくら山

綺麗な紅葉ですね。

川見さくら山

さくらと紅葉、贅沢ですね。

川見さくら山

川見さくら山

紹介したい桜の写真もありますが、和紙のふるさと館へ行ってみたいと思います。

和紙のふるさと

和紙のふるさと館と思っていましたが、単に「和紙のふるさと」と言うようです。中には和紙の展示館と和紙の工芸館などが点在し、和紙のお土産も売っています。

和紙のふるさと

大きめの駐車場と公園の中に建物があります。公園散策に訪れても良いでしょう。

休憩所こちらは、入り口近くの休憩所(レストハウス)です。
中には和紙を売っている売店や軽食店などがあります。

和紙のふるさと

園内は静かな公園です。和紙のふるさとにも桜と紅葉がありますね。
紅葉の向こうに見えているのは展示館です。

和紙展示館

こちらが和紙展示館です。中には和紙の絵画などが展示されています。
撮影禁止なのでここではお見せできませんが、なかなかの物なのでご覧になると良いでしょう。

和紙工芸館

こちらが和紙工芸館です。
中には和紙の制作工房(体験)と和紙のおみやげ屋さんがあります。

和紙工芸館

和紙の制作の体験工房ですね。

和紙の工芸

和紙工芸館は入館は無料です。体験は千円前後で、10名以上は要予約になります。

和紙工芸館

工芸館は、お土産も売っていますが、和紙のはがきや封筒はすてきです。

紅葉

最後に、工芸館前の紅葉が色鮮やかでしたので、乗せておきますね。

小原町観光案内

小原観光協会 → WEBサイト
〒470-0531
豊田市小原町上平441
TEL 0565-65-3808

四季桜

開花期間は春は3月下旬~4月上旬(葉と同時)。秋は10月下旬~12月上旬。

見頃は例年11月上旬~11月下旬。お奨め、11月中旬~11月下旬。

川見四季桜の里
〒470-0506 愛知県豊田市川見町

小原ふれあい公園(支所)
〒470-0531 愛知県豊田市孫八上平456
TEL:0565-65-2001(支所)


四季桜期間、臨時駐車場複数あり、500円程度。

和紙のふるさと

小原和紙のふるさと → WEBサイト
愛知県豊田市永太郎町洞216-1
TEL:0565-65-2151

展示館のみ、200円 中学生以下、障害者無料。
駐車場、無料。

宿泊

宿泊は三河地区小原 →      小原町周辺へ もしくは、名古屋へ → 名古屋市内

この地域のお奨めは、猿投温泉 ホテル金泉閣 詳しくは、奇跡の温泉の猿投温泉を参照。

または、岐阜県側の中津川・多治見・恵那・美濃加茂の宿へ。