那智の滝

那智山の中腹にある、熊野那智大社は、熊野三山の1つで、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産になっています。

落差日本一の133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さ10mの那智の滝があり、起源の1つは原始の自然崇拝であったと思われます。

隣接して、同じく世界遺産の構成資産の登録された、青岸渡寺及び、補陀洛山寺(麓)の二寺もあり、那智山は信仰の山とも言えます。

那智山案内図

駐車場は、無料有料数多くあり、食事処、おみやげ屋さんの駐車場も利用客に無料開放しています。
また、神社防災道路、寺防災道路上の駐車場は、道路通行料(800円)が必要ですが、駐車場そのものは無料で、那智大社の石段を登る必要がありません。足腰の弱い方、小さなお子さん連れの方にはよろしいと思われます。

熊野那智大社

境内から見た那智大社駐車場。無料ですが、神社防災道路通行料が掛かります。※通行料(800円)は社務所で払います。
車イスの方は、この駐車場まで車で来て、社務所エレベータにて4階に上がります。那智の滝は車イスでは不可。

青岸渡寺こちらは、青岸渡寺駐車場、寺防災道路は入口に料金所(800円)があります。どちらも楽です。

熊野那智大社

神社防災道路の駐車場からは、この石段を登るだけで境内に行けます。

熊野那智大社

下からの石段は、こんな感じです。那智大社の石段は、467段あります。是非頑張ってください。
(私は紹介のために防災道路を利用しましたが、徒歩で滝方面に降りて、また登って来ていますので、利用してもしなくても同じでした。^^;)

熊野那智大社境内

熊野那智大社鳥居

境内への鳥居です。

熊野那智大社

宝物殿です。

熊野那智大社

手水場です。訪れた時は、紫陽花の花が浮かべてありました。

熊野那智大社

八咫烏(やたがらす)・御縣彦社(みあがたひこしゃ)です。右に本殿が見えていますが、立ち入り禁止の立て札があります。

熊野那智大社

御縣彦社と、礼殿(拝殿)の間に本殿が一部見えています。手前は宝物殿。
本殿の神域は正式参拝(初穂料5,000円より)以外、立ち入り禁止です。通常は、拝殿で参拝します。

熊野那智大社

礼殿(拝殿)です。

熊野那智大社

礼殿内部です。この奧に本殿があります。正面に第五殿 若宮(天照大神)のはずです。

熊野那智大社

日本一の巨大おみくじです。

熊野那智大社

境内の樹木の空洞(楠木、幹回り8.5m)を利用した胎動めぐりです。

熊野那智大社

護摩木(300円)、絵馬(500円)を持ってお進みくださいとなっていますので、実質有料ですね。
もちろん、私は300円の護摩木利用です。

熊野那智大社

内部です。

熊野那智大社

あっという間に出口です。木の幹の内部ですからね。

熊野那智大社

出口側から覗くと、こんな感じ。

熊野那智大社

境内から見下ろしています。

熊野那智大社

熊野那智大社の境内を裏手に抜けると、青岸渡寺があります。

青岸渡寺(せいがんとじ)

青岸渡寺

神仏習合の熊野の修験道場でしたが、明治初期に青岸渡寺と那智大社に分離しました。堂内撮影禁止でした。

 

青岸渡寺

青岸渡寺から、三重塔と那智の滝を望む。

青岸渡寺

このまま進んで、三重塔、及び那智の滝方面に向かいます。この先、右へ階段を下ります。

 

熊野那智大社

青岸渡寺の三重塔です。向こうに那智の滝が見えますね。

那智の滝

降りて行きますと、那智の滝に進みます。
三重塔だけ観て、車で那智の滝の近くへ行く方法もありますので、考慮して下さい。

那智の滝

下っていくと、途中に伏し拝みがあります。

那智の滝

由来書きです。

那智の滝

那智の滝へ下って行きます。

那智の滝

那智の滝、駐車場まで来ました。車で下って、ここに止め直すという手も使えます。又は最初に滝だけ拝観する手もあります。
この近くの飲食店か、お土産さんの駐車場に止めても良いかも知れません。利用者は無料で開放しています。要確認。

那智の滝

那智の滝駐車場の横に、那智の滝への入り口があります。飛瀧神社(ひろうじんじゃ)の境内になります。

那智の滝

飛瀧神社の由来書きです。

那智の滝

暫く行くと、那智の滝の園地になります。

那智の滝

那智の滝は、パワースポットとして有名で、これは光ヶ峯遙拝石です。

那智の滝

那智の滝です。

那智の滝

那智の滝の全景です。

那智の滝

滝拝所などへも行くことが出来ます。拝観料300円です。

那智の滝延命護守の小さなお守りも頂けます。

那智の滝

拝観料を納めた方だけ飲める延命長寿の御滝水です。
500円でペットボトル、100円で杯も売っていますが、手に受けて飲んでもよろしいです。

那智の滝

滝拝所です。

那智の滝

滝拝所

那智の滝

滝拝所から、少し望遠で落口を撮ってみました。しめ縄が貼ってあります。

熊野那智大社、及び那智の滝の参拝案内

熊野那智大社、飛瀧神社(那智の瀧) → webサイト
〒649-5301
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
TEL:0735-55-0321
FAX:0735-55-0643

駐車場は、無料、有料多数。防災道路の駐車場は、通行料800円必要。

なお、熊野那智大社のみ車椅子可(記事中参)。

 宿泊案内

お奨めは、勝浦温泉の宿、又は、熊野那智大社周辺の宿へ。

または、他の熊野三山の参拝を見据えて、熊野古道・新宮・本宮周辺の宿へ。